弁護士紹介

  はじめまして、弁護士の若林侑と申します。

 

 ご挨拶でも述べさせていただきましたが、私は袖ヶ浦市に生まれ、同市内の小学校・中学校を卒業し(中学時代は生徒会長もやっていました)、千葉県立千葉高校に進学しました。

 

 大学以降は中央大学法学部法律学科(郁法会研究室・只木誠刑法ゼミ所属)に進み、同大学法科大学院に進学しました。司法修習は九州・宮崎で行いました。その後、名古屋および東京日本橋で勤務弁護士をしていましたが、2015年1月1日から地元木更津にて独立開業することにいたしました。

 

 司法修習では、小城和男弁護士にお世話になり、一般民事事件だけでなく、多くの法律事務所では勉強することができない行政事件(行政側)・医療事件(医師側)・労働事件(使用者側)も勉強の機会を与えていただきました。また、弁護士人生を送る中で、いかに人とのつながりが大切であるかという弁護士としてあるべき姿も教え込まれました。名古屋の勤務弁護士時代には、実際に弁護士として、多くの離婚事件と、一般民事事件(遺産分割事件・貸金返還請求事件・不動産関係事件・労働事件(労働者側)・債権回収事件・中小企業の会社関係事件(弁護士会のあっせん仲裁を用いたこともあります)・破産申立事件(同時廃止・個人管財)・交通事故事件・刑事事件・少年事件・児童虐待に関する事件などを取り扱わせていただきました。東京では、嶋田貴文先生のご指導の下、相続案件や不動産関係事件(賃料増額訴訟)事件や小規模個人民事再生事件などを勉強させていただきました。また、東京時代には、クレジットリース弁護団の一員として、消費者事件(悪質訪問販売業者被害や原野商法被害)を取り扱わせていただきました。

  

 座右の銘は、明日やろうは馬鹿野郎です。わかる人にはわかる、あるドラマの中での名セリフですが、私はこの言葉は弁護士としてあるべき姿を一番よく表した言葉だと思っています。相談できるときに相談できること、フットワーク軽く行動できることが弁護士として最も重要なことだと思っています。

 

 趣味は、カラオケ(サザンオールスターズが大好きです)・お笑い鑑賞(オードリー・バナナマン・山里亮太などが好きです)・サーフィン(最近は行けていませんが、湘南海岸や青島海岸(宮崎)でやっていました。千葉県民なので、近々九十九里・鴨川進出もしたいと思っています)です。 

 

《所属委員会(千葉県弁護士会)》

子どもの権利に関する委員会 委員

高齢者・障がい者支援センター 委員

 

《所属団体》

一般社団法人かずさ青年会議所(専務理事)

袖ケ浦ロータリークラブ 会員

 

事務所名・事務所ロゴについて

 当事務所は、かずさ地域に根差した、町の診療所のような法律事務所を目指しています。

 風邪を引いたときに近くの町医者に行くように、法律問題(法律問題かもしれない問題)に直面した時にまずは相談に行ってみよう、とかずさ地域の方々から思っていただけるような法律事務所がきみさらず法律事務所です。

 きみさらず法律事務所の名前の由来は、言うまでもなく、木更津・袖ケ浦の名前の由来となった「きみさらず伝説」に由来しています。「きみさらず伝説」とは、木更津市内にある君去らず大橋の歩道にある日本武尊と弟橘媛の銅像の台座に、その内容が記載されているので、以下それを引用します。

(引用)

 第十二代景行天皇の皇子として生まれた日本武尊は、父にうとまれ、西の熊襲、東の蝦夷の平定へと向かう日々でした。東へ向かった日本武尊は、弟橘媛とめぐりあい、后に迎えます。しかし、相模の走水から上総へ渡ろうとしたとき、海が荒れ、船が難破しそうになりました。弟橘媛は尊の身代わりになって海神の怒りを鎮めようと、我が身を海に沈めたのです。

 やがて木更津に上陸した日本武尊は、愛する媛の面影を偲んで何日も立ち去らなかったといいます。これが、君不去=きみさらず=木更津の起こりと云われています。また、媛の御衣の袖が海辺に流れ着いたことから、袖ヶ浦という地名が生まれました。

(引用終わり)

 当事務所の事務所名は、この伝説が名前の由来となっているかずさ地域にあるというだけでなく、日本武尊のように屈強で、弟橘媛のように献身的なリーガルサービスを提供できる法律事務所という理念のもとに名づけました。

 当事務所のロゴは、その日本武尊が武器および神器として使用していた草薙剣(くさなぎのつるぎ)と、公平・公正=弁護士の象徴である天秤を掛け合わせたものをイメージして作成しています。

きみさらず法律事務所

〒292-0041

千葉県木更津市清見台東3-18-6 

きみさらず法律事務所

TEL:0438-40-4003

(代表/受付時間10時から18時)

(電話相談は一切お請けしていません。)

 

 

休業日 日祝、第1・第3土曜

(時間外のご相談ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。)

 

対象地域

千葉地裁木更津支部管内(袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市、館山市,鴨川市,南房総市,安房郡(鋸南町))の事件を重点的に、

千葉県(千葉市・市原市等内房地域)、東京都・神奈川県・埼玉県

の事件もお取り扱いします。

お気軽にご相談ください