労働審判制度について

 2週間のお休みをいただきましたが、いよいよ明日から当事務所も営業を再開いたします。

 

 実質的に新年一発目のブログは、労働審判制度について書きたいと思います。

 

 当事務所でお受けする相談の中には、労働紛争(使用者・労働者側を問わず)も相当数あります。

平成27年には労働審判を申し立てた案件もあり、このとき私は労働者側の代理人でしたが全面的に当方の主張が認められてご依頼者の方に満足していただきました(詳細は「お客様の声」参照)。

 

 労働審判の制度概要については、こちらです。

 私がここで書きたいのは、労働審判はこういうものです、とか、私は労働者/使用者の味方です、とかそういうことではなく次のようなことです。

 

 ①事案によっては、かなり早い解決が見込めて労働者にとっても使用者にとってもメリットが大きい

 労働審判は、まず「早い」ので、この点で労使双方にメリットがあります。労働審判は申立から原則として40日以内に第1回の期日が指定され(裁判ではこのようなしばりはありません)、第1回期日から申立の内容に踏み込んで審尋が行われるので(民事裁判は少なくとも第1回期日は「訴状を陳述します」と原告訴訟代理人が言うだけで内容の吟味は行われません)、心情的・経済的に早く解決をしてもらいたい労働者にとっても、早く紛争解決して早く通常業務に戻りたい会社側にとってもメリットがあります。

 

②ニーズに応じた解決が可能である

 労使紛争全般の紛争解決手段として用いることができ(守備範囲)、解決方法としてもかなり柔軟な解決ができるため(紛争解決)、この点でも労使双方にメリットがあります。

 例えば、会社からされた解雇が不当解雇だとして争う場合でも、「会社に戻りたい」と主張することもできるし、「会社には戻りたくないけど解決金をもらいたい」と主張することもできるのです。

 ただ、労働審判は時間に限りがありますから、事実関係に争いがあったり、事案が複雑な案件には不向きです。具体的には、残業代請求や解雇の中でも整理解雇を理由とするものは事実関係に争いがある場合がある場合が多いので(例えば、残業代だと「労働者が残業をした事実はない」とか「仮に労働者が残業をしていたとしても会社が指示していたものではない」とかなど)、労働審判での解決をするのは慎重な判断が必要でしょう。

 

③労働者側も使用者側も労働審判での解決を望むのなら、代理人を必ずつけるべきである

 労働審判で解決する気があるのであれば、必ず代理人はつけましょう。

 労働者側・使用者側に共通して言えることは、労働審判は時間がかなりタイトな上に期日前に相当な準備が要求されるということで、これは法律の素人には絶対に無理です。労働者の主張を第1回期日から全面的に受け入れる予定の使用者以外は必ず弁護士代理人を付けましょう。

 ①にも共通しますが、労働審判は労使紛争の迅速な解決を目的としています。もっと言うと、労働審判は原則として3回の期日の中での解決を目的としています。ですから、語弊を恐れずに言えば裁判とは異なって思いついたことを順次主張していけばいいものではなく、労働者側で言えば申立書にはポイントを踏まえて詳細な事情を書かなくてはいけないし、場合によっては期日の1週間前に会社側から出される反論書に詳細に再反論しないといけないし、会社側からしてみたらそういう詳細な申立書にこちらの詳細な事情を踏まえて反論したものを準備しないといけないのです。裁判で言う「擬制陳述」のような「時間がなくて準備できませんでした」的なものは許されないわけです(もちろん犠牲陳述をすることがいけないといっているわけではありません)。

 また、②にも記しましたが、第1回の期日から申立内容に踏み込んだ審尋がされます。民事裁判での証人尋問ほどかっちりルールが決まったものではないにしても、裁判官や労働審判官からポンポン質問が飛んでくるのでこれに代理人のフォローなしで答えていって、裁判官や労働審判官を納得させるのは至難の技です。ドラマで放送されている裁判(証人尋問の場面が多いと思いますが)を専門家の助けなしでこなすことができるのかを考えるのが一番わかりやすいでしょう。

 また、使用者にとっては、代理人をつけないと、中には不当に高額な解決金を要求してくる労働者もいる中で(確かに、労働局のあっせん手続よりも労働審判の解決基準のほうが格段に高いですが)、第三者的な視点で「それは違いますよ」ということができるのかというところもあるでしょう。

 

 このように、労働審判には労働審判の特性があるものであり、専門家の関与が不可欠だと思います。労働審判を申し立てられた会社は法律事務所に相談に行くこと一択、労働審判を申し立てたいと思っている労働者もお気軽に当事務所に相談にいらしてください。

 「心は熱く、頭は冷静に」をモットーに弁護士業務を行う弁護士若林侑があなた(もしくは貴社)のご要望を叶えます。

コメントをお書きください

コメント: 18
  • #1

    Annette Sharrow (土曜日, 04 2月 2017 14:41)


    This is a great tip particularly to those fresh to the blogosphere. Brief but very accurate info� Appreciate your sharing this one. A must read post!

  • #2

    Cheyenne Leeks (土曜日, 04 2月 2017 17:03)


    Quality content is the important to interest the viewers to visit the web site, that's what this web site is providing.

  • #3

    Wanda Hartmann (日曜日, 05 2月 2017 09:10)


    I have been browsing online more than 2 hours today, yet I never found any interesting article like yours. It is pretty worth enough for me. In my view, if all site owners and bloggers made good content as you did, the net will be a lot more useful than ever before.

  • #4

    August Duke (日曜日, 05 2月 2017 19:20)


    I want to to thank you for this good read!! I certainly enjoyed every little bit of it. I've got you saved as a favorite to check out new stuff you post�

  • #5

    Lindsy Isreal (火曜日, 07 2月 2017 08:35)


    I would like to thank you for the efforts you have put in writing this blog. I'm hoping to check out the same high-grade content from you in the future as well. In fact, your creative writing abilities has inspired me to get my very own blog now ;)

  • #6

    Cyndy Maly (火曜日, 07 2月 2017 15:33)


    This article is actually a nice one it helps new the web users, who are wishing for blogging.

  • #7

    Karina Mccay (火曜日, 07 2月 2017 22:39)


    Great beat ! I would like to apprentice while you amend your site, how can i subscribe for a blog website? The account aided me a acceptable deal. I had been tiny bit acquainted of this your broadcast offered bright clear idea

  • #8

    Milagros Stokely (水曜日, 08 2月 2017 06:42)


    Hello to every single one, it's genuinely a fastidious for me to pay a quick visit this site, it includes valuable Information.

  • #9

    Barabara Humiston (水曜日, 08 2月 2017 07:00)


    After going over a handful of the articles on your web site, I seriously like your technique of blogging. I book marked it to my bookmark website list and will be checking back soon. Please visit my website too and tell me how you feel.

  • #10

    Gabriel Waid (水曜日, 08 2月 2017 15:14)


    It's perfect time to make some plans for the future and it's time to be happy. I've read this post and if I could I want to suggest you some interesting things or tips. Perhaps you can write next articles referring to this article. I wish to read more things about it!

  • #11

    Sherlyn Crandall (水曜日, 08 2月 2017 22:17)


    Hi! This is my 1st comment here so I just wanted to give a quick shout out and say I truly enjoy reading your articles. Can you recommend any other blogs/websites/forums that deal with the same topics? Thank you!

  • #12

    Cheyenne Leeks (水曜日, 08 2月 2017 22:50)


    Inspiring quest there. What happened after? Good luck!

  • #13

    Ethelyn Mcferren (木曜日, 09 2月 2017 15:26)


    Hello there, I found your web site by means of Google while looking for a comparable subject, your web site came up, it looks good. I have bookmarked it in my google bookmarks.
    Hello there, simply become aware of your blog through Google, and located that it's really informative. I am going to watch out for brussels. I'll be grateful for those who proceed this in future. Many people might be benefited from your writing. Cheers!

  • #14

    Wonda Iversen (木曜日, 09 2月 2017 18:49)


    Why visitors still use to read news papers when in this technological world the whole thing is available on net?

  • #15

    Rebbecca Titcomb (金曜日, 10 2月 2017 06:08)


    I�m not that much of a online reader to be honest but your blogs really nice, keep it up! I'll go ahead and bookmark your site to come back down the road. Cheers

  • #16

    Taneka Bissonette (金曜日, 10 2月 2017 06:54)


    You really make it appear really easy together with your presentation but I to find this topic to be actually something that I feel I'd never understand. It seems too complex and extremely wide for me. I'm having a look ahead to your next publish, I'll try to get the hold of it!

  • #17

    Wilber Ruhland (金曜日, 10 2月 2017 09:41)


    An interesting discussion is worth comment. I do believe that you need to publish more about this subject matter, it may not be a taboo subject but typically people do not speak about these topics. To the next! Cheers!!

  • #18

    Dacia Freeburg (金曜日, 10 2月 2017 14:36)


    Hurrah! Finally I got a blog from where I know how to genuinely take useful facts concerning my study and knowledge.

きみさらず法律事務所

〒292-0041

千葉県木更津市清見台東3-18-6 

きみさらず法律事務所

TEL:0438-40-4003

(代表/受付時間10時から18時)

(電話相談は一切お請けしていません。)

 

 

休業日 日祝、第1・第3土曜

(時間外のご相談ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。)

 

対象地域

千葉地裁木更津支部管内(袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市、館山市,鴨川市,南房総市,安房郡(鋸南町))の事件を重点的に、

千葉県(千葉市・市原市等内房地域)、東京都・神奈川県・埼玉県

の事件もお取り扱いします。

お気軽にご相談ください