面会交流拒否

 弁護士は、法律に則って依頼者の要望を叶えていくのが仕事です。

 しかし、弁護士に基本的な理解が欠けているのか知りませんが、同趣旨の違法な主張を堂々とされた例が複数件あるので、一般市民の皆さんへの注意喚起のためにブログに書きます。

 

 具体的には、面会交流拒否についてです。

 (離婚前の)別居時の非監護親の子に対する面会交流、離婚後の非監護親の子に対する面会交流の場合を問わず、面会交流は子の福祉のためにするものです。つまり、子のためにするものです。

ですから、面会交流を拒否できるのは、「子どもに悪影響があるから」という理由以外ありえません。

もっと突っ込んで言うと、監護親に子を非監護親と面会交流させるかさせないか、どういう条件で面会交流をさせるか決める権限はありません。

 

 私が非監護親のお客様から依頼を受けて、監護親の代理人の弁護士に面会交流の日程調整についてお話をしようとしたところ、

「離婚問題がごちゃごちゃしていて、依頼者(監護親)が面会交流に積極的ではないから」

とか、

「依頼者(監護親)が非監護親を信頼できないから」

とか、

の理由で面会交流を拒否されたことがありました。

 

 もう一度繰り返しますが、弁護士は法律にのっとって依頼者の要望を叶えていくのが仕事です。

そして、法律上面会交流が拒否できるのは「面会交流をさせると子どもに悪影響が及ぶ」場合以外ありえません。つまり、こういう主張を堂々としてくる弁護士は、そもそも法律上通らない主張をしているだけですから、弁護士として資質を疑わざるを得ません。

 

 確かに、監護親の代理人だった場合、どうしても自分のお客さんが非監護親に対して面会交流させたくないという場合はあると思います。しかし、そういう場合でも、以上のような理由を説明して、面会交流をさせないことは違法であって、離婚前なら面会交流の拒否は親権者の指定について不利益をもたらす(フレンドリーペアレントルール)等のことを説明して、面会交流を実現させるようにまずは自分のお客さんを説得すべきです。

 

 それでもだめなら、面会交流を拒否できる適法な理由を考えるのが弁護士の仕事です。なぜなら、弁護士は法律に則って依頼者の要望を叶えていくのが仕事だからです。もっと具体的に言うと、「あなたと面会交流させると子どもにこういう悪影響を与えるから拒否します」「こういう条件を付けないと子供に悪影響を与えるから拒否します」という理由をひねり出さないといけないのです。

それにもかかわらず、子どもの話にひきつけずに上記のような理由で面会交流拒否をしてくるのは弁護士としてヤバイです。

 

 こういう違法な面会交流拒否の場合、離婚前なら面会交流拒否の事実が考慮されて親権者が相手方に行ってしまったり(面会交流の拒否を理由として親権者変更がなされた事案もあります)、不法行為に基づく損害賠償請求の対象になったり、面会交流の約束がされたのに拒否するような場合には間接強制といって拒否するごとにお金を払わなくてはいけない事態になったりと、かなり大事になる場合があります。そういう事態になった時、こういう主張をした弁護士はどのように責任をとるのだろうと思うのです(私は、こういう事態になってしまったら、いわゆる「弁護過誤」だと思うのです)。無知は本当に怖いものです。

 

 もっとも、面会交流は監護親と非監護親の協力によってなされるものですから、こういう違法な面会交流拒否をされたからといって直ちに実現されるのは現実的には難しいでしょう。具体的には、話し合いで解決しないと面会交流の実現は難しいでしょうから、裁判所の手続でいうと調停で条件や頻度などを煮詰めていくしかないと思います。そうであるからこそ、「非監護親が無条件の面会交流を認めないのは違法なのが原則」という超基本的なことがわかった弁護士が監護親の代理人にならないと、無用に紛争を激化させたり、上記のような弁護過誤事件を引き起こしたりするのです。

 

 とりあえず、面会交流でお困りの方がいらっしゃいましたら、当事務所にご相談ください。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    嶋崎さとみ (月曜日, 02 5月 2016 16:28)

    この度、調停で離婚と親権について1月から話し合いがされてきましたが、母親である私が親権をとる事は難しく4月の調停で泣く泣く親権を旦那に渡すと話しました。
    でも、面会交流だけは!っと思い代理人に相談していますが、私の思うようにはしてもらえません。
    子供は四才の男の子です。
    保育園での行事でさえ参加させてもらえません。(私は、児童相談所から息子に対して接近禁止命令が出ていますが大人の第3者をおけば面会はしていい。面会を繰り返して接近禁止命令を解除する。実際、息子に対しては虐待は一切ありません)
    5月は息子の誕生日があり、保育園でお誕生日会があり、2月の調停から旦那にお願いしてありますが許可してくれません。
    ちなみに2月には生活発表会という行事がありましたが、それも拒否されました。
    代理に私の要望を強く言っても「あーだ、こだ」っと法律上の事を言ってくるだけです。
    4月30日(土)に息子と面会をしましたが、息子は「お母さんといる」「お父さんとおばあちゃんイヤだ」「お父さん、すぐ怒る」っと連発して言い、なかなか私から離れようとせず無理やり旦那が連れて帰りました。
    まだ、具体的な面会交流の決めはしていませんが、旦那が「子供の気持ちを考えて」
    っと保育園の行事に参加する事を許してくれません。
    「面会はさせていくけど、子供の気持ちを考えるなら会わないのも選択肢の1つなんじゃない?」っとも言ってきました。
    代理人を変える事も出来ず、親権も奪われ、面会交流も思うようにさせてもらえず、私は、相談するところがないと悩んでいた時に、このページにあいました。
    息子は私を必要としてくれてます。
    旦那は「私と面会したあとの子供の気持ちを考えて」の一点張りです。

きみさらず法律事務所

〒292-0041

千葉県木更津市清見台東3-18-6 

きみさらず法律事務所

TEL:0438-40-4003

(代表/受付時間10時から18時)

(電話相談は一切お請けしていません。)

 

 

休業日 日祝、第1・第3土曜

(時間外のご相談ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。)

 

対象地域

千葉地裁木更津支部管内(袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市、館山市,鴨川市,南房総市,安房郡(鋸南町))の事件を重点的に、

千葉県(千葉市・市原市等内房地域)、東京都・神奈川県・埼玉県

の事件もお取り扱いします。

お気軽にご相談ください